世界で活躍するトップアスリートが認めた濃縮イオン均衡液。
高い摂水効率で活動パフォーマンスの維持をサポートします。

電解質補給液

糖質ゼロ、カロリーゼロ。
シンプルでピュアな電解質。

一般的なスポーツドリンクの多くには糖質が含まれています。アライバルは糖質ゼロ、カロリーゼロ。体重のコントロールを気にする方も安心してお飲みいただけます。
スポーツ活動時はもちろん、体力を使うお仕事、炎天下や火を使われる暑熱環境で働く方々に、発汗等によって失われる水分や電解質を補給いただけます。
もちろん、保存料・香料・着色料も不使用。機能的で安心の商品です。

身体をつくり、身体を動かす電解質。
4つの必須電解質が活動パフォーマンスを維持。

アライバルは、発汗によって失われる電解質を補給し、活動パフォーマンスの維持を図るイオン均衡液(=体内の電解質レベルを保つ補給ツール)です。必須電解質であるマグネシウム、カリウム、ナトリウム、クロールが含まれています。
電解質は、筋肉への神経伝達・代謝の働きに関わるなど、重要な役割を果たしています。
その中でも『マグネシウム』は、エネルギー産生を助ける、筋肉収縮に関わる、酵素の活性化、骨や歯をつくる、など重要な役割を担っています。
特に、高強度、長時間、気温変化といった条件下で 身体ストレスがかかるスポーツを行う際には、汗や尿から失われるマグネシウムの補給が大切になります。

主な電解質(イオン)の役割
消火現場

灼熱の消火現場でWLFF消防士が立証した
維持される活動パフォーマンス!

アメリカ・モンタナ大学で山火事の消防士(WLFF)を対象に「消火活動時の水分補給および飲水行動に電解質付加が及ぼす影響」について臨床実験を行いました。
※WLFFとは・・・Wildland Firefighter(山火事の消防士)の略称。荒野や森林での消火活動のスペシャリスト。建造物がなく、草木が茂る現場では、大規模火災による灼熱のなか消化活動が行われる。

調査方法

15時間の山火事の消火活動において
A:ALIVALを付加したALIVALドリンクを摂取するグループ
B:通常の水を摂取するグループ
A.B、2つのグループの飲水行動、体温の変化、体重の変化について測定。

試験概要

被験者 山火事の消防士(WLFF)
作業内容 森林火災の消火に伴う登山や掘削、伐採、燃焼を抑制するための過酷な作業
荷物 12~20kg(食糧、水、安全装具、作業道具)(50%は水)
体水分の代謝回転率 6.7 ± 1.4 L/日¯¹、 94.8 ± 24.1 mL/kg¯¹ /日¯¹
作業中体重変化 5日間の活動後にWFLLの体重が約1kg減少することを示した。(このうち0.9㎏が体水分)
エネルギー必要量 12~26 MJ/日¯¹、2868~6214 kCal/日¯¹
作業時間 1日12~16時間従事し14日間配備される
作業環境 高い周囲温度 (>40℃)、低い湿度、荒れた地形である
気温:29℃~38℃
周囲温度:34.4 ± 4.6 C
食事(エネルギー源) 6.3~8.4 MJ(1506~2008 kCal)

横にスクロールします

試験結果

研究項目 結果
飲水行動 飲水量 A:アライバルドリンクを飲水したグループ 279~285 mL/時¯¹
B:通常の水のみ飲水したグループ  472~504 mL/時¯¹
摂取回数 有意な差はなし
体重変化 有意な差はなし
温度 深部体温
皮膚体温
有意な差はなし
活動??? 有意な差はなし
尿比重 有意な差はなし

横にスクロールします

山火事消火の15時間における水分摂取量の比較図

この実験の結果、体内の電解質レベルを保つ補給ツールであるアライバルを付加したドリンクを摂取したAグループは、通常の水を摂取したBグループに比べて43%も少ない飲水量で活動パフォーマンスを維持できていることが実証されました。
また、熱中症に関与する深部体温も飲水量が少ないにもかかわらず安定しています。
この飲水量の削減効果は、持ち運ぶ水の量と重さを減らし、排尿を減らすことに直結。
消火活動の効率そのものを向上させているのです。

METs/身体活動の強さと量を表す単位での比較

8メッツ

ここでは、一般的な消防士の身体活動量を例にとって、他のスポーツとの活動量を比較してみました。

METs(メッツ)とは

メッツとは「Metabolic equivalents」の略で、運動や身体活動の強度の単位です。安静時(横になったり座って楽にしている状態)を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示します。

METs 項目
8 消防士
8 ランニング
8 バスケットボール
8 ロッククライミング
8 山登り
8 テニス(シングルス)
8 ビーチバレーボール
8 シンクロナイズドスイミング

世界でトップアスリートが愛用。
活動パフォーマンスを維持、向上できると評価しています。

シャロン・ゲイター

Sharon Gayter(シャロン・ゲイター)

出身 イギリス
職業 ウルトラマラソンランナー
2019年 イギリス横断の最速記録(12日、11時間6分7秒)→2008年の記録を4時間以上更新。
2011年 ギネス世界記録、トレッドミルでの1週間の最大走行距離833.05 km
2009年 コモンウェルスマウンテン、ウルトラディスタンスチャンピオンシップ 金メダル

2011年8月「La Ultra-The High」に出場した時には、完走するまでの37時間の間、すべての飲み物にアライバルを使用しました。おかげで11時間以上もタイムを短縮でき新記録を出すことができました。これは世界最高地でのレースであり、平均高度は14,500フィートを超えています。この場合、エネルギーよりも水分摂取が重要であり、食べ物と飲み物の両方を摂取することは困難です。アライバルを使用したおかげで水分摂取量を減らせ、レース中に調子を崩すことなく万全の体調を維持できました。

サリー・ビガム

Sally Bigham(サリー・ビガム)

出身 イギリス
職業 プロマウンテンバイクレーサー引退後、サイクリングコーチ
2018年 イギリスマラソンチャンピオン(6回チャンピオン)
2016年
2013年
世界マラソン選手権 銀メダル
2016年 ヨーロッパマラソン チャンピオン
ヨーロピアンマラソンチャンピオンシップ 銀メダル(4回)

いつもカーボドリンクにアライバルを混ぜることで十分な電解質を摂取でき筋肉痙攣を防げています。 アライバルは、日々の栄養管理において重要な役割を果たしています。たとえば、レースの前日の夜は緊張して汗をかくので、朝一番にアライバルを摂ると、失われた電解質を確実に補給できます。 レースが終わってから、さらに1回摂ることで迅速な回復を促進し、筋肉痛の予防に役立ちます。

オードリー・スニエゼク

Audrey Sniezek(オードリー・スニエゼク)

出身 アメリカ
職業 プロロッククライマー、ロッククライミングコーチ
2011年 シーズンワールドカップのライバル(リードワールドカップ(2011)、ボルダリングワールドカップ(2010)
2010年 米国ボルダリングナショナルズ7位

アライバルは優秀なアスリートだけのものではありません。 誰もが電解質を必要としているのですから、日常的に補給することで恩恵を得ることができます。

エリカ・ティンギー

Erica Tingey(エリカ・ティンギー)

出身 アメリカ ユタ州
職業 プロマウンテンバイカー
認定プロフェッショナルマウンテンバイクインストラクター(PMBIA)
2016年 プロマウンテンバイククロスカントリーツアー13位
2015年 エンデューロ全国選手権9位
2013年 プロマウンテンバイククロスカントリーツアー3位
ケイトリン・グレッグ

Caitlin Gregg(ケイトリン・グレッグ)

出身 アメリカ
職業 クロスカントリースキーヤー&コーチング
2011、2013、2014、2016、2018年 アメリカンビルケバイナースキーマラソンで5回優勝
2015年 FIS Nordic World Ski Championships、10 kmフリースタイル銅メダル
2011年 女性のフリースタイルテクニックのコース記録を樹立
2010年 冬季オリンピック(チームスプリント全体で6位、10kmで30位)
2010年 ワールドカップ キャンモアの10 kmフリースタイル14位
2007-2017年 世界選手権、ワールドカップ出場

ポケットに入るコンパクトサイズなのに
アライバル1本で500mlボトル40本分!

アライバル濃縮タイプ

アライバルは濃縮タイプで1本50ml入り、おおよそ高さ10cm、直径3cmのコンパクトサイズ。スポーツシーンでもワークシーンでもポケットに入る手軽さです。水、ジュース、炭酸飲料などのお好みの飲み物はもちろん、食事に加えても、かしこく電解質補給ができます。400倍濃縮タイプだから、1本で500mlボトル40本分、20L分のアライバルドリンクを生成できます。高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。

アライバルの使用方法

使用方法
お問い合わせはこちらから
グレイトミネラルサンプル請求

お問い合わせはこちらから

06-6388-1112

09:00~17:00(土・日・祝 休み)

backToTop